愚者からの生還

私のMenkarオープンまでの1年間。

2012年いっぱいでタピオカ屋を閉店し、約1年間私はニートをしていた。
やった事と言えばって、本当に何もしてない。趣味の時間。それが1年間。
まあ趣味と言っても私はそんなに外にでて遊ばないので、もっぱら読書。あとランニングとか。

それでは、1年ニート生活した意味をタロットカード、愚者のカードで私なりに、説明してみます。
(愚者のカードとは、全78枚あるタロットカードのうち、主要なカードの22枚に入り、その中の1枚)
愚者のカードとは、こんな感じです。

RWS_Tarot_00_Fool

少年が踊っている感じ、しかも崖の前、
犬も崖のまえ、てかもう落ちるのではないだろうか?

このカードの番号はゼロ、まだスタートもしていないゼロ状態、意味は、名前の通り、愚者、バカ、お調子者。
しかし彼の持っている棒の先端の袋の中には、旅に必要なすべての物が入っているとも言われています。
空っぽかもとも言われていますが。

バカにならないと、旅にはでれない。結婚して子供もいる人に、こんな崖の近くで踊る勇気はありますか?
そうこの人は、バカ、お調子者の愚者なので、何も守る物がないのです。
何も守る物がない人、それはまさにタピオカ屋を捨てて、ニートしている私ではありませんか。

それでは、このおバカさんのいい所とは、どんなところなのだろう?
何も持っていない、守るものもない。それのいい所とは?
自分に名前がなかったら、なんとなく無限の可能性があるような気がしませんか?
もし明日から会社に行く必要がないなら、何をしますか?
そう愚者さまは、何も持っていない、囚われていないので、自由に自分の進みたい道を見極める事ができるのです。

毎日仕事、育児、家事と同じ生活をしていた人が、その価値観から解放されると、
違う可能性を発見せざるを得ません。
私の場合、毎日暇なので、散歩してたりすると、花をみたり、1枚1枚の木の葉っぱみたり、根っこみたり、
忙しい中では絶対にしないような事をしてました。

葉っぱをみると可能性が広がるのです。。。。

今まで私の価値観の8割ぐらいを占めていたタピオカ屋を手放し、
プレーンな状態の私は、今まで興味がなかったようなもの、
例えば、ロードバイク、絵、ギター、タロット、ゴルフなどにも興味を持ち、なんせ暇ですから、
そんな生活の中、次なるものを発見しました。

そして先日無事にMenkarをオープンする事ができました。
次なるものの職種は変わっていますが。

とまあこんな感じで、愚者から生還を果たしたわけです。
みなさんも愚者生活いかがでしょうか?もしかしたら、何か新しいものが見つかるかもしれませんよ。とかなんとか。
しかし愚者生活は、少しの間はOKですが、それが何年も続く事はよくないですよ。
私は偶然脱出口を発見いたしましたが、所詮、愚者は愚者、おバカさんということで、
タロットカードの22枚ある大アルカナカードの中の1枚ということです。
22枚バランスよくですね。

広告

台湾のフローティングタンク

フローティングタンクは、海外に販売する会社が10社以上はあると思うのですが、
私はDreampodという名前のものを購入しました。
その台湾にあるタンク屋さんの説明の、日本語バージョンがにあるので、そちらのご紹介です。

TAIPEINAVI

ちゃんとしたサイトなので、私が書いているより、わかりやすいですね。
写真に写っているマイクとはスカイプで話しましたが、私の英語はなかなかのものだと思います。

只今キャンペーン中です。

只今下記のキャンペーン実施中です。

1、お友達キャンペーン(初回ご利用のお客様のみ)
当店をご利用なさったお客様からのご紹介がありますと、
初回ご利用時に限り、2000円割引させて頂きます。

申し込みフォームの「ご予約、お問い合わせ」欄に
ご紹介様のお名前をフルネームでご記入くださいませ。

2、ブログ、facebook,twitterキャンペーン(1回のみ、いつでもご利用頂けます)
ご自身のブログ、facebook,twitterのどちらか1つに、
アイソレーションタンクの感想、体験談をアップすることをご約束されますと、
ご利用料金から2000円割引させて頂きます。

当キャンペーンをご利用のお客様は予約の際に、
掲載予定のブログ、facebook等のURLを、
申し込みフォームの「ご予約、お問い合わせ」にご記入ください。

掲載頂くページのURLは、当店が確認のみするためのもので、
コメント、友達申請等を行うためのものでは、ございません。

※割引の併用はできませんので、ご了承ください。
(年間会員価格との併用は可能です。)

勇者は辺境からやってくる。

勇者は辺境からやってくるのが、映画のパターンです。
例えば、スター・ウォーズの場合、ウィキの最初に
「辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系[1]の自由と正義の~」とあります。

なぜ辺境なのか?
それは、それが異物だからです。
例えば、その国の中で裕福に育った人は、その環境の居心地がよく、今いる環境を変える必要はありません。
同じ構造、パターンを繰り返せば、幸せだと思っています。
しかし、同じ事を繰り返すと人は自然と飽きる、忘れる、固くなっていきます。そう私たちがだんだん年をとって物を忘れ、頑固になり、行動範囲が狭くなるように。

そこで新鮮な刺激、栄養が必要になります。
それはどこから来るのか?そうそれが辺境です。
辺境とは、今までの自分の範囲外、知らなかった、興味がなかったものであり、そのため新鮮で刺激的です。

未知のものに挑戦する事は、刺激的ですが、その分不安、恐れももちろんあります。毎日知らない人の家に泊まりなさい、と言われたら、それだけで疲れそうです。不安要素、刺激的なものには馴染む、うまくやるためには、それなりに時間が必要です。
そしてそれに馴染み、うまく扱えるようになると、今までとは違う自分、未知のものを取り込んだより大きな自分になっているのです。

とこんな事を書いて、タンクを一つの刺激として、どーですかという宣伝ですね。
うまい宣伝ですかね?

この本がこの文章の参考文献ですかね。
神話の法則/クリストファー ボグラー

店舗内写真

店舗の写真です。

まずは外観。

まずは外観。


玄関より、店内を撮影。

玄関より、店内を撮影。


タンク室。R字の壁です。

タンク室。R字の壁です。


扉を開けると、タンクのお尻が。

扉を開けると、タンクのお尻が。


コートラックとドレッサー。

コートラックとドレッサー。


シャワー室。

シャワー室。


明るい室内のタンク。

明るい室内のタンク。


暗い室内、1

暗い室内、1


暗い室内、2

暗い室内、2

以上、現場からのリポートでした。

タンクセッティング

タンクのセッティングが昨日やっと終わりました。
台湾から飛行機で大阪、大阪からフェリーで松山へ、エンジニアのダミアンはやって来ました。

私はフェリー乗り場に迎えに行ったのですが、
乗客は出てくるのに、彼はいっこうに出てきません。

到着時刻を20分経っても出てこないので、だんだん私は心配に。
ちゃんとフェリーに乗ったのか、大阪でもしかして迷子??
こんな時ケータイがないのは、本当に不便です。
昔の人は、待ち合わせとかどーやってしてたんでしょう。

そこで、私はフェリー会社の人に訪ねて、フェリーの中へ入れさせてもらいました。
乗客名簿に彼の名前はあり、彼の部屋に入っていくと、
彼は寝転んで、本を読んでいる、、、

「君がダミアン??もう外へ行けるんだよ」と最初の会話をし、
車で松山へ向かいました。
この後わかったのですが、台湾と日本は時差が1時間あるので、
それで彼はくつろいでたみたいです。

そしてセッティング。タンクにホースを繋ぎ、水を入れ、その水の循環の確認。
その後、水を温めるヒーターの確認。最後にタンクを操作するコンピューターのセッティングとやっていきました。
そしてエプソムソルトをいれてやっと完成。

ダミアンは食べるのが好きで、
私たちは寿司、お好み焼き、ラーメン、カツ丼などなど。
また帰りに大阪で飛行機に乗るまで時間があるので、彼に何をするのと聞くと、釣りすると、、、

彼は釣りバカでした。
私「初めて日本に来たのに、釣りはないんじゃない、台湾でできるじゃん」
ダ「台湾でやる釣りと、日本でやる釣りは違うんだよ。釣れる魚が違うから」
私「釣りは釣り、一緒だよ、、、」

こんな感じです。
どっか買い物行くかと聞いたら、彼は釣りショップに行きたいと言ったので、
松山の釣り具屋さんに一緒に行きました。
1560487_10152884684496664_1348450163_n

彼はナイスガイでした。

タンクの搬入

昨日はタンクの搬入を行いました。

搬入時、英語の説明書では最低4人、まあ6人いれば余裕で搬入できるよと書いてあったので、
私はお店を作っていただいた大工さん3人+私の計4人でおこないました。

が、全然4人じゃ無理なレベルです。
タンクは3つに分解できるのですが、最初の上2つ、蓋の部分は余裕でした。
しかし下の土台、水を入れる部分はとにかく重いです。。

大工さん達はパワーがあり、プロフェッショナルなので、
タンクの下にロープをくぐらせ、それを取っ手にして、
少しずす移動していきました。
まあ外装は若干すりキズ入りましたが、、

でもこれは4人じゃ無理じゃないかというレベルのものを無事に部屋に搬入できたので、ほっとしました。
傷とかまあ私はあまり気にしないので、
かなりやり遂げた感があります。

そしてお店のホムペ用にタンクの写真を撮ろうとしたら、
うまく撮れません。
カメラの位置とタンクの位置が近すぎて、全体像が収まりきらないんです。
タンクがでかいのか、そっれとも部屋が狭いのか、、
さあどっちなのでしょうか?

明日は台湾から、技術の人がやってきてタンクのセッティングを行います。
しかも3日もかかるらしい。何をするかは謎ですが、朝一彼を迎えに行ってきます。

アイソレーションタンクを横から

アイソレーションタンクを横から


前からタンク

前からタンク

関税 of アイソレーションタンク

今日は通関があって、ようやくタンクをお店に運べる許可をもらいました。
輸入したのは、アイソレーションタンク1個とエプソムソルト1400kg。
鉄のコンテナの箱に乗って、香港からやってきました。

通関では、この商品は何をする物なのか、そもそもこの「ほにゃららタンク」とは何かから説明し、
通関の書類作成は大変難しいので、
松山税関の職員さんに手伝ってもらいながら、やっと終了することができました。

しかしタンクはまだまだ未知な物、そしてエプソムソルト。
海外から輸入するものには、検査が行われます。

エプソムソルトは白い粉、白い粉ということで怪しいですね。
そう麻薬犬も登場致しまいた。

商品の周りをくんくん、くんかくんかさせながら、しっぽをふりふり、
楽しそうに匂いを嗅いでました。
職員さんは匂いを嗅ぐ場所を指示し、そこを犬がくんくんすると、
「グッ ボーイ!」と褒め言葉。
記念に写真撮っていいですかと訪ねたら、あっさり却下されましたが。。

犬の検査も終わり、無事私が麻薬の密売人ではないことが証明されると、
職員さんたちと談笑。

私「もしこれが全部麻薬だったら、いくらぐらいになりますか?」
職員さん「1億は余裕でしょうね」
私「私すごいリッチですねー」
職員さん「いや、その前に日本史上最強の極悪人ですからー」
とかなんとか。1400kgの麻薬だと、確実に新聞に載るレベルらしいです。

こんな事がありながら、無事通関を終え、明日はお店にタンクを搬入します。

ちなみに通関をする時には、商品にコード番号があり、
アイソレーションタンクはヒーリング、マッサージの機械の分類に入ると思っていたのですが、
マッサージ、ヒーリングの定義に、身体に振動、摩擦を加えるとあるので、
タンクはこの分類に入らず、

最終的に、タンクは水を体温まで温めるので、
大きな湯沸かし器???的な分類に入りました。

かなり高いポットを買っちゃいましたね。