ホーム » 日記 » 勇者は辺境からやってくる。

勇者は辺境からやってくる。

勇者は辺境からやってくるのが、映画のパターンです。
例えば、スター・ウォーズの場合、ウィキの最初に
「辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系[1]の自由と正義の~」とあります。

なぜ辺境なのか?
それは、それが異物だからです。
例えば、その国の中で裕福に育った人は、その環境の居心地がよく、今いる環境を変える必要はありません。
同じ構造、パターンを繰り返せば、幸せだと思っています。
しかし、同じ事を繰り返すと人は自然と飽きる、忘れる、固くなっていきます。そう私たちがだんだん年をとって物を忘れ、頑固になり、行動範囲が狭くなるように。

そこで新鮮な刺激、栄養が必要になります。
それはどこから来るのか?そうそれが辺境です。
辺境とは、今までの自分の範囲外、知らなかった、興味がなかったものであり、そのため新鮮で刺激的です。

未知のものに挑戦する事は、刺激的ですが、その分不安、恐れももちろんあります。毎日知らない人の家に泊まりなさい、と言われたら、それだけで疲れそうです。不安要素、刺激的なものには馴染む、うまくやるためには、それなりに時間が必要です。
そしてそれに馴染み、うまく扱えるようになると、今までとは違う自分、未知のものを取り込んだより大きな自分になっているのです。

とこんな事を書いて、タンクを一つの刺激として、どーですかという宣伝ですね。
うまい宣伝ですかね?

この本がこの文章の参考文献ですかね。
神話の法則/クリストファー ボグラー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中