完成した国?

お久しぶりで、ございます。
忙しくて、ブログの更新をさぼっておりましたが、
お店は元気にやっております。

で、久々のブログですが、
タンクと全く関係ない話をひとつ。

最近友人から聞いた話ですが、仕事でクレームがあるんですと。
それは新品の商品に少し傷があるとかなんとか、

新品だから、傷はないのが当然ですが、
少しぐらいなら、いいじゃないかと思うのは私だけかな?

いや、多数いると思うのですが、ちょー新品を求める人が増えたのかな。
それで、クレーム。

完成品を求める人は、完成=動かない、不変なので、
もう成長力はないですね。
完成は、他の可能性を排除して、それに固まる訳ですから、
例外も認めないし、息苦しいです。
今の、物、サービスとしては完成された国、日本ですね。

誰かのブログで読んだんですが、
インドかどっかで、車をぶつけたそうですが、
お互いの運転手が、当たった場所を確認しただけで、それで終了したらしい。
なんか羨ましい。
彼らは日本人と見ると、私たちの日常のテリトリーを破って、どんどん侵入してきます、
まあ物を売りたいだけでしょうけど、

しかしそのテキトーさというか、成長力というか、おおざっぱというか、なんでしょう、、
でも色んな可能性がありそうな感じです。

これって結局、いつも書いてる物質と精神の話ですね。
日本が物質、インドが精神。

日本は小さい、息苦しいなーと最近思いますが、
海外に行くと、私はやっぱり日本のサービスを求めるのだろうか?